人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「完璧」

みなさんは完璧な状態になったことはありますか?

物質的な話ではなく、自分の内なる世界の話です。

僕はあります。

これには物質的な条件も特定の環境も必要ありません。

あくまで自分の内なる状態の話ですから。

僕は完璧な人間になることは出来ません。

と言っても自分の思う「完璧」であって本当の「完璧」については何も知りませんがね。

とにかく、完璧な人間になる事と、完璧な状態になる事は全く違います。

言葉にするのは難しいですが・・・・・

誰であろうと、自分の存在や存在しているという状態、そして状態こそがまた存在でもあるという事を感じる事が出来れば

完璧な状態になることが出来ます。

そんなことをして何になるのかって?

何にもなりませんよ。

ただ魂の安らぎが得られるだけ、それだけです。

でもそれで充分ではありませんか?








by buri-zu | 2019-07-29 19:19

切り取ったゲーム

僕はよく「切り取ったゲーム」をします。

例えば自分がやりたい事をやっていたとしても、その中には楽しくないパートも付随しているものです。

分かりやすく説明すれば・・・・・例えば自分が大好きな場所があって、そこにはぜひとも行きたいと思うが、道中におそろしく急角度の階段が延々と続いてるとか。

こういう時には、僕はこのパートを切り取ったゲームをします。

ゲームだと考えれば意味がない事でも出来ますし、目の前のことに集中できます。

どうすれば消耗少なく上れるか?効率的な体の使い方は?などなど・・・・・・。

そういうゲームだと思ってこなします。

もちろん、その先にある目的と秤にかけて、釣り合わないと感じるのであれば階段を上る必要はありません。

みなさんも良かったら試してみて下さい。

いや、みなさんは意味がないと分かっている事でも、苦なくこなせる人なのかもしれませんね。

僕は出来ないんですよね~・・・・・・・・。

いやホントに。





by buri-zu | 2019-07-28 09:51

見た!

いや~昨夜UFOを見てしまいましたよ。

と言っても異星人の乗り物、という意味ではなく未確認飛行物体という意味です。

帰宅途中に自転車を転がしていると、ちょうど僕の背中側から一筋の光が流れていくのが見えましてね。

一瞬「あっ流れ星」

と思ったのですが、その光は途中で垂直方向に急カーブを描いて消えてしまったのです。

まるで生き物のような動きでした。

しかも結構低空を飛んでたんですよね。

何でしょう?

ひょっとしたら実際にああいう生き物がいるのかもね。

by buri-zu | 2019-07-26 09:36

カラスの勝手でしょ?

今朝通勤途中に、青いネットがかぶせられたゴミの山の傍らで

一羽のカラスがうらめしそうに立ち尽くしているのを目撃。

カラスは頭がいいといわれていますが、所詮道徳心はありません。

もしあれば食べ散らかさずに後片付けして帰るはずです。

そうすればそんなには嫌われないはずですがね。

でもどうでしょう、もっと頭が良くなれば、

道徳心や他者への愛からではなく、そうした方が自分が得だから

という理由で、後片付けをしてから帰る日がくるんでしょうか?

ちなみに人間でもこういう思考パターンの人はいますがね。

by buri-zu | 2019-07-25 08:44

刺した者勝ち?

宮迫さん、今回の件はかわいそうだと僕は思います。

本人が犯罪を犯した訳ではありませんからね。

それは置いておいて・・・・・・

今回の騒動で僕が一番引っかかるのは・・・・

本題は「反社会的な人たちと関係すること」が糾弾されているわけでしょ?

写真週刊誌が手にいれた写真や映像はどこから入手したんでしょうね?

どう考えても「反社会的な人たち側」からの売り込みではありませんか?

つまり写真週刊誌側の人間は反社会的な人たちと関係するどころか取引、ビジネスをしているわけです。

誰もここには触れませんが、

本題が何か?という事に照らせば、こちらの方が糾弾されるべきではありませんか?



by buri-zu | 2019-07-20 09:26

おっさんが決めた

世の中には色んな規則や習わしがあります。

それはいいね、と思えるものもありますが、中には「何じゃそら?」と思うものもたくさんあります。

すでに決まってしまっている事に関しては、特に疑問を抱かない人も多いかと思いますが、

よくよく考えれば、全てどこかのおっさんが決めてますよね。

どんな決まり事や約束事も、最初にそれをひねり出した言いだしっぺのおっさんがいる訳です。

それに同意する、または異議を唱えないおっさんが何人か周りにいれば、言いだしっぺのおっさんの個人的意見が決定事項になるわけです。

もちろんそれが良い案であれば文句はありませんが、世にある悪習もこうして生まれます。

考えればバカバカしいとは思いませんか?

例えば何年か前にこんなニュースを見聞きしました。

どこかの役所だか大企業だかで、女性が黒色や赤色の下着を着用するのを禁止したと。

なんでもシャツから透ける黒や赤の下着を目にすると男は仕事に集中できないから・・・・・という理由なんだとか。

その言いだしっぺのおっさんは権力があるんでしょうが、

もし僕がそばにいたら、こう言ってやります。

それはおまえだけやと。





by buri-zu | 2019-07-18 10:19

末端価格

世の中にはおかしな事がたくさんありますが、例えばみなんさんはニュースの報道の仕方についてはどうでしょう?

ん?と思うことはありませんか?

これは以前にも言ったかもしれませんが・・・・・

例えばどこかで密輸しようといていた麻薬が押収されたとしましょう。

ニュースではこんな言い方をしますね。

「末端価格で5億円相当の麻薬が押収されました」

この言い方はおかしいと思いませんか?

この人体に有害な白い粉に5億円の価値があります、と公に認めているという事になりますよね。

むしろこう言うべきでは?

「もし人体に投与すれば致死量の5000倍にもなる量の麻薬が押収されました」

こんな事にひっかかるのは僕だけなんでしょうか?

まぁ・・・どうでもいいんですがね。







by buri-zu | 2019-07-13 10:34

笑顔が大好き

僕が子供の頃、確か日曜日の8時からだったと思いますが

欽ちゃんの家族対抗歌合戦という番組がありました。

なぜか今でもアシスタントのお姉さんがエンディングで歌っていた「笑顔が大好き」という曲が記憶にしっかりと残っています。

僕自身も人の笑顔を見るのは好きですよ。

ただ選挙期間中の政治家の笑顔だけは例外。

あれはとてつもなく気色が悪いですよいね。

僕はいつも思うんですよ。

もし本当に世界を変えたいと思うのなら政治家になるのは違うだろうと。

本当に世界を変えたければ大金持ちを目指さないと。

ビルゲイツぐらいになれば、世界を変えれます。

もっともビルゲイツにはそんな気はさらさらないようですが。

結局のところ僕としてはこう思うわけです、彼らが政治家になりたい動機は「良い世界を創る」こと以外にあるのだろうとね。

by buri-zu | 2019-07-09 09:47

働かざるもの・・・・・

突然ですが、僕は引きこもりの人たちを否定はしません。

極論を言いますが、人間は自由な選択をする権利がありますからね。

テレビやネットの記事などでは、彼らを暗に「社会のお荷物」のように取り上げていますが、

その考え方や切り口では、数年前に障がい者の人たちを殺傷した男の言い分とさして変わりません。

そもそも働かざるもの食うべからず、という概念自体が「すり込み」だとはおもいませんか?

アリとキリギリスの童話もしかりです。

もし僕がアリなら、キリギリスを見殺しには出来ないと思います。

死なない程度の食料ぐらいはあげるでしょう。ご馳走はあげませんがね。

僕は「引きこもっていて超幸せ!」という人に対しては何も言うことはありません。

ただそんな人はなかなかいないでしょう。

彼らはいい気分で生きる術を見い出せなかったから、引きこもっているしかない、だけなのでは?

引きこもり人口は数十万、数百万とも言われますが

私たちにも引きこもりの人たちがたくさん生まれる世界や社会を作ってしまった責任がある、とも言えます。

もちろん今のシステムを作ったのは先人たちですが、私たちも盲従しているという事は協力しているのと変わりません。

引きこもりの人たちを責める前に、今の私たちの世界のシステムや概念、優先順位を見直すことの方が重要だと思いますね。









by buri-zu | 2019-07-06 10:16

平野区の整体院ブリーズのブログへようこそ。頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれ、椎間板ヘルニアは東住吉区や生野区、東大阪市や八尾市からも近いブリーズまで!


by buri-zu